「シャガール版画展~愛と人生をうたう色彩~『ダフニスとクロエ』『ポエム』」

『ダフニスとクロエ』は最初の依頼から3年後に引き受け、その後構想に5年、制作に3年を費やし1961年に刊行されました。牧場を舞台に二 クロエ-長財布  ギリシアの小説(ロンゴス作)は、ラヴェルのバレエ組曲や三島由紀夫の『潮騒』に影響を与えたことでも有名です。新妻ヴァヴァとギリシア取材旅行にでかけたシャガールは何度も修正を繰り返し、20色以上も用いて色彩を輝かせることに成功しましたまた、シャガールの版画のなかでは珍しい色彩木版画集『ポエム』は、若い頃から好んで詩作 クロエ-ショルダーバッグ を続けていたシャガールが1909年から1965年までに創作した31篇の詩に、24枚の木版画を添えて1968年 クロエ 財布新作 に刊行された詩画集です。その詩は、愛する人、故郷への想い、自らの画家としての仕事や戦争についてうたったもの、旧約聖書の世界が読み込まれたものなど自らの生涯を回顧するかのようです。木版の素材感を巧みに表現に取り入れ、紙や布のコラージュが独特な表情をみせるこの作品 chloe 財布  は、色彩豊かでありながら、落ち着いた深い味わいを醸し出し、シャガールの瑞々しく尖鋭な感性が表現されています。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.