「豊かさ」とは関係がないkappaman

たとえば、このままいけば日本の一億二千万の民は毎晩キャビアを食べるようになり、クルマも日本中でベンツに乗るようになるかもしれない。私はこれに大いに疑問を感じる。ここで私が日本人に問いたいのは、“いいものはいいんだ”という思想が本当に正しいのかということだ徳大寺有恒、梶原一明共著『自動車産業亡国論』(1992年光文社カッパ?ビジネス)より徳大寺 クロエ-長財布  氏の発言 昨日、「コクリコ坂から」を見た。きっかけは友人のくりおねさんの評価が高かったからなのだが、何よりも興味をそそられたのは、舞台が昭和38年の横浜という部分だった私は昭和37年生まれで、39年に横浜南部の公団住宅に引っ越している(以後、昭和60年まで横浜市に在 クロエ 財布新作 住していた)。したがって、この映画の時代の横浜の記憶があるわけではないのだが、しかしそれでもある種の郷愁を感じられるのではないかと思ったのである(ちょうど近所のシネコンでは最終日だった)私は映画の感想を堂々と述べられるほどの映画好きではないのであくまで個人的な感想を書くと、「もの凄く良かった!」と深く感動する作品ではなかったけれども、できのいい短編小説の読後感のようなものが残った。ふとした拍子に手にとって目を落としたくなるような……画面を見ていると、私にとって記憶に残っているクルマがオート三輪なども含めて走り回っており、山下公園、氷川丸、マリンタワー、ホテルニューグランドといったアイコンは、やはり横浜で育った人間には懐かしい映像に出てくる市電が走っていた記憶は私にはないが、逆に横浜の中心部を走っていたトロリーバスが描かれていなかったのはちょっと残念でもあった(トロリーバスという言葉がわからない若い人はググってください)シネコンからの帰り道は、川沿いの土手をトボトボ歩きながら、自分の子ども時代に思いをいたしてみた昭和30年代後半といえば、これから高度 chloe 財布  経済成長が始るという時期である。もっとも私の家は豊かではなく、高 クロエ-ショルダーバッグ じられないほどの量の放射能が放出されている海を泳いでいる魚が、その影響を受けないことはあり得ないわけで、これは風評でもなんでもないしかも、その影響は現在、生存している国民がすべて死んだ後もずっと続くのであるそれだけ大変なこと、深刻なこと、取り返しがつかないことが、現在も収束することなく進行しているにもかかわらず、この国の権力者たちは「原発がないと経済が行き詰まる」というセリフを吐き、依然として原発稼働の野心を隠さないもとより、これは根拠のない単なる恐喝であるが、百歩譲ってそれが正しいとしても、その経済が実現するのは、やや常軌を逸した消費力の維持と利便性向上の継続のみであるそのようなもののために、これ以上、原発のリスクを抱える続けることはあり得ないと私は思うのである。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.